トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

【みんなと一緒で満足?】リーガルハイ2 第9話 感想【民意とは?】

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク


番組内容
 古美門研介(堺雅人)と黛真知子(新垣結衣)は、上告を決めた安藤貴和(小雪)に面会。貴和は、殺人容疑については否定しない。また、地裁での判決前に面会に来た吉永慶子は、昔世話になった近所のおばさんと話す。それでも古美門は、最高裁では貴和の無罪を勝ち取ると言い放った。貴和が真実を何も話してくれないことを気にする黛に、古美門は打つ手をすべて打って無罪にすると、あくまで強気。だが、古美門のこだわりは、裁判の勝率を100%に戻すことの様子。
 手段を選ばない古美門は、マスコミを招いて貴和のイメージを向上させる報道を依頼。しかし、大手マスコミには無視され、招いた記者たちにも金をばらまく始末。挙句、古美門は黛に、移籍先の『NEXUS』の羽生晴樹(岡田将生)と本田ジェーン(黒木華)から検事時代に担当していた貴和事件について、検察のねつ造情報を盗み取れと言い出す。しぶしぶ従おうとする黛だが、羽生たちから情報を得ることは出来なかった。
 そんな状態で、古美門たちは公判初日を迎えてしまう。貴和への死刑判決を求めて裁判所前に群がる民衆を横目に入廷する古美門も、さすがに緊張の色は隠せない。傍聴には羽生も駆けつけていた。黛は、検察側に醍醐実検事(松平健)がいることが不安。醍醐は都合良く最高検へ異動になったのだが、それは古美門にとどめを刺すためではないかと思ってしまう。古美門自身は、好都合だと強がるが…。

今回の古美門さんの民意についての演説は素晴らしかった!

旦那の保険金目当てで殺人をした疑惑の悪女、安藤貴和(小雪)への死刑を望む日本国民全体の民意についての演説でしたね。

スポンサーリンク



http://d.hatena.ne.jp/idenizi+yorozuya/files/chk02.jpg?d=.jpg古美門さんの民意論演説内容


古美門「ええ侮辱したんです。証拠によってではなく民意に応えて起訴したんです」
醍醐「我々は公僕だ。国民の期待に応えるのが当然だ」
古美門「愚かな国民の愚かな期待にも応えなければならないんですか?」
醍醐「愚かですか?」
古美門「ええ、愚かで醜く卑劣です」
醍醐「傲慢極まりない。私は素晴らしい国であり、美しく誇り高い国民だと思っている
古美門「美しく誇り高い国民が証拠もあやふやな被告人に死刑を求めますか?」
醍醐「本件の場合、有罪であるならば極刑がふさわしい。我が国においてそれは死刑だ
古美門「生命はそのものに与えられた権利です。それを奪うものはたとえ国家であっても人殺しです」
醍醐「あなたが死刑反対論者とは意外だな」
古美門「いいえ、反対じゃありませんよ。目には目を、歯には歯を、殺人には殺人を。立派な制度だ。ただ人知れずこっそり始末することが卑劣だと言っているだけです」
醍醐「白昼堂々と殺せというのか?」
古美門「その通り。青空のもと市中引き回しの上、はりつけ火あぶりにした後で、みんなで一刺しずつ刺して首をさらし、万歳三唱した方がはるかに健全だ。だが我が国の愚かな国民は、自らが人殺しになる覚悟がないんです。自分達は明るいところにいて、誰かが暗闇で社会から消し去ってくれるのを待つ。そうすればそれ以上死刑について考えなくてすみ、この世界が健全だと思えるからだ。違いますか?」
醍醐「仮にそうだとしても、それもまた民意だ」
古美門「民意なら何もかも正しいんですか?」
醍醐「それが民主主義だ」
古美門「裁判に民主主義を持ちこんだら司法は終わりだ」
醍醐「果たしてそうかな?」
古美門「そうに決まってるでしょう」
醍醐「いささか古いな。法は決して万能ではない。その不完全さを補うのは何か? 人間の心だよ。罪を犯すのも人間、裁くのも人間だからだ。多くの人々の想いに寄り添い、法という無味乾燥のものに血を通わせることこそが、正しい道を照らす。裁判員裁判はまさにその結実だ。そして本件において、人々が下した決断は、安藤貴和は死刑に処されるべき、というものだった。愛すべき家族と子ども達の未来のために。これこそが民意だ」
 傍聴席から拍手。羽生は醍醐をにらんでいる。
裁判官「静粛に、静粛に!」
古美門「すばらしい。さすが民意の体現者醍醐検事。実にすばらしい主張です。いいでしょう、死刑にすればいい。確かに安藤貴和は社会をむしばむ恐るべき害虫です。駆除しなければなりません。次に寝取られるのはあなたのご主人かもしれませんからね。あなたの恋人かもしれないし、あなたの父親かもしれないし、あなたの息子さんかもしれない。あるいはあなた自身かもしれない」
 古美門、醍醐を指さす。
古美門「死刑にしましょう。現場での目撃証言はあやふやだけれど、死刑にしましょう。被告人の部屋から押収された毒物が犯行に使われたものか確たる証拠はないけれど、死刑にしましょう。現場に別の毒物らしき瓶が落ちていたという証言があるけれど、気にしないで死刑にしましょう。証拠も証言も関係ない。高級外車を乗り回し、ブランド服に身を包み、フカヒレやフォアグラを食べていたんだから死刑にしましょう。それが民意だ。それが民主主義だ。何て素晴らしい国なんだ。民意なら正しい。みんなが賛成していることなら、全て正しい。ならば、みんなで暴力をふるったことだって全て正しいわけだ。私のパートナー弁護士を寄ってたかって袋叩きにしたことも、民意だから正しいわけだ。冗談じゃない。冗談じゃない!(絶叫)」
by「リーガルハイ」9話「ついに最高裁!例え全国民が敵でも必ず命を救う」より、最高裁第2公判の堺雅人長台詞再現ほか: 7代後の孫への話ブログ

http://d.hatena.ne.jp/idenizi+yorozuya/files/chk02.jpg?d=.jpg民意ってなにかね?

ダチョウ倶楽部の芸で

「おれがやるよ」

「おれもやるよ」

「じゃあ、おれも」

他2人「どうぞどうぞ」

というのがありますが、“みんながやるからおれもやる“感情が日本人は非常に強いです。

納豆ダイエットをテレビでやれば納豆が売り切れ
たまごっちをテレビでやれば売り切れ
ガンホー株が売れればみんなで買う

“飲食店に行列ができてればうまいだろうから並んでみよう”的な憶測を期待にし、

“みんなやってるのに自分だけやってないと変な目で見られる”的な不安を原動力にして
一斉に一つのモノへと向かい群がる癖があるのです。

それはどうしてなのでしょう?

http://d.hatena.ne.jp/idenizi+yorozuya/files/chk02.jpg?d=.jpg動物的本能・習性

生き物の習性に「走光性」というのがあります


走光性(そうこうせい、Phototaxis)は走性の一つで、生物が光刺激に反応して移動することである。走光性のうち、光のある方向に近づくような行動は『正の走光性』、光から離れるような行動は『負の走光性』などともいう。
by走光性 - Wikipedia

虫と人間は違いますが、これに似た動物的本能的な脳の仕組みが“民意の一極集中”と関係してるのでしょう。

また、「集団本能」も生き物に備わっています。


しゅうだんほんのう【集団本能】

孤立化を嫌い,集団で生活しようとする本能。社会本能。群居本能。
by集団本能 とは - コトバンク

これら集団で一つのモノに向かう本能を満足させると人は安心するのです。

http://d.hatena.ne.jp/idenizi+yorozuya/files/chk02.jpg?d=.jpg民意・集団本能に打ち勝つ理性

本能のままに生きるのは動物です。

本能を理性でコントロールするのが人間です。

流行りの人・モノ・ニュースを知り、それに集団で向かうのは本能を満足させて楽しいです。

その道中に落とし穴・悪意の誘導・詐欺等々があるかもしれないのに何も疑問を感じず、ただ皆と一緒に、時に競い合いながらでも集団で向かう。

そんな危険に気付かさせてくれる今回の古美門さんの演説、心打つものがありました。

あなたが今日見たニュースやドラマ、表面上の情報のみで左右されてませんか?
マスコミ(編集者・出版社・記者・脚本家)の裏の奥を探りながら読むとまた楽しくなりますよ。

ドラマ内容のほうですが、これまでの経緯・流れは羽生の思惑で古美門さんと黛は誘導されてきたというのがわかりましたね。

しかし、その羽生も古美門さんのお父さんからの刺客という伏線もありました。

羽生がよくみていた黛の写真の件も最終的にどうまとめるかも見ものです。

次週最終回1時間30分スペシャル!!!

大いに期待です!!!!!

http://d.hatena.ne.jp/idenizi+yorozuya/files/tuitta.jpg?d=.jpgツイッターの評判

an・an PLUS×リーガルハイ 伝え上手になる話し方 (マガジンハウスムック)
an・an PLUS×リーガルハイ 伝え上手になる話し方 (マガジンハウスムック)
内容紹介
堺雅人演じる弁護士・古美門研介と新垣結衣演じる弁護士・黛真知子。この2人が繰り広げる怒涛のトークバトルで法廷も視聴者の心も(!?)かき乱した伝説のドラマ『リーガルハイ』。パート2が水曜22時~(全国フジテレビ系列)いよいよスタート!
相手の心と弁舌の奥、そのまた裏を探るような会話からは、相手の心を見抜くために学ぶことがいっぱい! この一冊でドラマを最大限に楽しみつつ、伝える力も身につけられるスペシャルコラボBOOKです。