トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

【THE若者】情熱大陸 朝井リョウ(2013年7月14日放送分)感想【感受性と表現力の突出】

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

出演者
【プロフィール】 朝井リョウ 作家。1989年岐阜県生まれ。早稲田大学在学中の2009年『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞受賞。同作は映画化され、日本アカデミー賞最優秀作品賞など多くの映画賞に輝く。その後も『チア男子!!』等話題作を次々に発表し“現役大学生作家”として注目、2012年一般企業に就職。就活体験を通じて感じた時代の空気を描いた『何者』で直木賞を受賞。現在、社会人二年生の24歳
番組内容
大学在学中に書いた『桐島、部活やめるってよ』で一躍注目の的となり、今年1月には『何者』で最年少23歳で直木賞に輝いた。執筆中、朝井は社会人一年生。自らが体験した就職活動への違和感を「今どきの若者」の空気とともに、世に問うたのだ。番組は、受賞後第一作となる『世界地図の下書き』執筆の日々に密着。「作家らしいと言われるのが大嫌い。目標は普通に生きること」と言い切る「まったく普通じゃない若者」の本音に迫る
率直な感想は23歳の若者だなぁって。

しかし、その胸には周りの環境からの刺激を噛み砕き、文字にして表現する力が突出している人なんだなと。

じゃないと、小説がこれだけヒットしないし直木賞も取れませんよね。

私生活は会社員と小説化の二足のわらじを履き、着るものも住むところもこだわらず、雑巾のようなカバンと早稲田の7万円のワンルームの安いもので充分だと思っているようです。
そういう点が読者の共感を呼び、背伸びせず等身大でいられる作品を産む源なんだと思います。

しかし凄いなぁ、どこにでもいる若者って感じの人がこれだけの作品を書けるのですから。

凄い人が出て来ましたね。

僕も一応、漫画描いてますけど、ノーヒットですからね(;´∀`)>

朝井リョウさんは若くして先生と呼ばれることに違和感を感じ、あえて社会の中の底辺となる会社員もしているということで、そこも好感持てるし、その経験がいい作品へと繋がるんでしょうね。

実は僕、朝井リョウ原作映画の「桐島、部活やめるってよ」 (amazon)観始めたんだけどあまりに淡々と学生たちの日常が描かれているだけで山も谷もねぇなぁって退屈になって途中で観るのやめたてたんですが、今回のドキュメンタリー観てちょっとまた観てみようと思いました。
観終わったら感想アップしますねぇ。

出虹観るの辞めるってよ ってなんないようにしないとw

スポンサーリンク



▼関連ブログ

情熱大陸【作家/朝井リョウ▽桐島、部活やめるってよ▽戦後最年少直木賞】

情熱大陸の朝井リョウの就職先、彼女、文章力、前田敦子を分析! [TV番組]

朝井リョウさん(作家)7月14日

▼ツイッターの評判

世界地図の下書き
世界地図の下書き