トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

【うなぎ食べたさ】プロフェッショナル 仕事の流儀「うなぎ職人・金本兼次郎」(2013年7月29日放送分)感想【うなぎのぼり】

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

番組内容
気品に満ちた黄金色、さっぱりとした江戸前の味わい。決して焦がさない…。うなぎの老舗に、この道70年の男がいる。店の5代目・金本だ。その焼きは食通も認める名人芸。だが、本人は満足しない。常にもっと良く焼けないかと追求し続ける。「結局、職人の仕事は“自分との格闘”だ」と語る。今、うなぎの供給が激減し、うなぎ屋を取り巻く状況は極めて厳しい。それでも決してうつむかない気骨の85歳、その夏の日々に密着!
出演者
【出演】うなぎ屋「野田岩」代表取締役…金本兼次郎,【語り】橋本さとし,貫地谷しほり
公式サイト

うまそうなうなぎだったなぁ!!!!

そのうまさを70年にわたって作り続けている職人金本健次郎氏。

天然うなぎが捕れなくなったり、価格が高くなったりという問題・困難・壁を乗り越え伝統を受け継ぎ、また後生につなげる姿はピカピカと光る鰻の体の光のようにとても美しいです。

プロフェッショナルとは?の質問に

「50才80才、100才になっても、どこまでも追求心を持つこと」
「そして、愛される人間であること」

深いなぁ、深い。。

70年の結晶のような言葉です。

僕もこの言葉を胸に刻んで働きます!!

スポンサーリンク



それにしても凄いですよね、85才で元気に歩き、階段もスタスタと登り、50℃の炭火の前にたち鰻を焼き続けるのですから。

凄い。
見習いたい!

真摯に、まじめに、ひたむきにうなぎと、仕事と向き合わないと出来ないことです。

そして、弟子の皆さんから愛され、信頼されているのも凄い。

人柄もいいんですよね。

凄いよなぁ!

五代目 野田岩 のだいわ - 赤羽橋/うなぎ [食べログ]

▼ツイッターの評判