トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

カンブリア宮殿 和郷園代表理事・木内博一【年商4000万円の農家続出 ニッポン農業の未来はココに!】

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

番組内容1
作った野菜を提供するカフェを経営し、加工や冷凍の工場も自前で所有。さらに、野菜工場の研究・開発にも関わり、証券会社と共同で農場を運営…。農業に関わることならなんでもやる!これが、主に千葉県にある92軒の農家からなる農事組合法人「和郷園」だ。この農家集団を束ねる、自身も農家の木内博一は言う。「僕らは食材製造業。原料となる野菜を作り、加工し、販売する。メーカーとして当たり前のことをやっているだけ」。
そこに貫かれているのは“儲かる農業”。和郷園グループは今や、60億円の売上、1500人の雇用を生み出している。年商4000万円の農家も珍しくない。未来を拓く農家集団の挑戦を追う。
面白かった!

泥臭くて儲からない農業のイメージが変わりました。

天候・取れ高・需要に左右されお金にもならない農業ですが、工夫一つでこんなにも設けることが出来るなんて。

農業集団 和郷園の社長 山内博一氏は農家の家に生まれ、学生時代経営学を学んでいたっていう環境と知識が合わさった発想が和郷園です。

ただ野菜育てて農協に売るだけじゃあ儲かりません。

育てた野菜を切って茹でて加工まで手がけて儲けを出す。

おまけに育てから売買契約するんじゃなく、育てる前から売買契約をしてしまう。

その発想はなかったなぁ。。

山内社長ただものではないです。

職場の人間関係に囚われること無く、太陽と水と土を相手にする仕事っていいなぁ。

農業やりたい!

スポンサーリンク



▼ツイッターの評判

最強の農家のつくり方
最強の農家のつくり方