トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

【物書きで食えるのはウラヤマ】情熱大陸 作家/林真理子(2013年8月4日放送分)感想

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

出演者
【プロフィール】 林真理子 作家。1954年山梨県生まれ。日本大学芸術学部卒業後、1982年処女作のエッセイ『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーに。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞受賞。1997年『みんなの秘密』で吉川英治文学賞受賞。2013年4月発売の『野心のすすめ』が7月にオリコンランキング首位を獲得。現在直木賞をはじめ5個の文学賞の選考委員を務める59歳。

番組内容
バブル時代に“ルンルン”という流行語とともに時代のセンターに現れ、直木賞や吉川英治文学賞を受賞。強いコンプレックスの裏返しとも取れる意地悪な視点は20代〜40代の女性から支持を受ける一方で、「鼻持ちならない女」と批判も受けてきた…常に貪欲、いつもパワフル。欲しいものを手に入れるために野心を燃やし猛烈な努力をする反面、愛すべき“脇の甘さ”がそこかしこに見える強烈な個性の女流作家、林真理子の素顔に迫る

僕は林真理子さんの作品読んだことないです。

しかし、執筆速度速いですね!
400字の原稿用紙6枚を30分で書いてたww

学生時代はいじめられていたそうです。
その強いコンプレックスが創作意欲につながっているのですね。

過去はどうあれ今たくさんのファンを持ち、いくつものレギュラー原稿を抱え、毎日忙しく輝いている今が良ければ万々歳ですな。

そういう辛い過去があるから今があるのです。

スポンサーリンク



僕もこのブログはテレビやアニメの感想が多いのですが、ただの感想ではなく読者に笑いや感動を持ってもらえるよう精度・スキルを上げて行きたいです。

林真理子さんが最近書いた野心のすすめ (amazon)が40万部のベストセラーなんですってね。
興味あるので読んでみよう♪

▼ツイッターの評判

野心のすすめ (講談社現代新書)
野心のすすめ (講談社現代新書)