トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

【地獄の沙汰も知恵次第】ガイアの夜明け【不屈の町工場…世界を驚かす!】(2013年8月6日放送分)感想

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

番組内容
日本のものづくりを支えてきた町工場。これまでほとんどが大手メーカーの下請け部品を作ってきたが、近年、大手が生産拠点を海外に移転する動きが加速。経営不振に陥る工場が相次いでいる。そんな中、長年培った技術を生かしてオリジナル製品を開発し、ヒットを飛ばす工場が出始めた。
国内だけでなく、果敢に海外へ打って出る挑戦者も続々と現れている。どん底から這い上がり、世界を相手に自ら商売を始めた町工場の挑戦を追う。
面白かった!

今回は3つの中小企業が独自の商品開発をして世界に売り出すという特集。

中小企業と聞くと不景気に喘いで借金→倒産ってイメージがどうしてもあります。

しかし、逆境をバネに、長年培った知恵を注いで商品開発をしてヒットに繋げる企業ももちろんあります。

紹介された一つ目の企業は「能作」という企業が作った金属のスズ100%で作った食器。
何がスゴイかというと、自由自在に形を変えられます。
それがウケて世界の三ツ星レストランで採用され好評を得ているのです。

能作はもともと仏具の会社だったのですが受注が減って困っていた所に一心発起して食器を作り大ヒット!

アマゾンでも買えます。

能作 錫 NAJIMI タンブラー 501341
能作 錫 NAJIMI タンブラー 501341

2つ目の企業は鋳物工場の「愛知ドビー」大手企業から機械部品の下請会社です。
こちらも受注が減り困っていた所で、経営者が知恵を出しバーミキュラという鍋を作り出します。

どこが違うかというと、鍋と蓋の隙間が0.01mmもなく密閉されることで、水蒸気を逃さず野菜などの水分だけで濃厚なスープが作れるのです。

それがウケて現在注文しても1年以上待つヒット商品に。

無水調理がおいしい! 魔法のお鍋バーミキュラでつくる毎日のごはん&ごちそう
無水調理がおいしい! 魔法のお鍋バーミキュラでつくる毎日のごはん&ごちそう

3つめの企業は水道部品を作る「田中金属製作所」。
こちらが作ったのは節制できるシャワーのヘッド「アリアミスト」。
同じようなものが違う会社からいくつも出ていますが、違いは節水部品を工夫して水流を渦巻状にすることにより勢いと泡を発生させ肌の汚れをきめ細かく落とせるのです。

田中金属製作所(TKS) マイクロバブルシャワーヘッド µ-Jet(ミュージェット)シャワーヘッド 「アリアミスト Bollina(ボリーナ)」 TK-7003
田中金属製作所(TKS) マイクロバブルシャワーヘッド µ-Jet(ミュージェット)シャワーヘッド 「アリアミスト Bollina(ボリーナ)」 TK-7003

いやぁ、何事も知恵と工夫次第でなんとかなるものですね。
僕も見習って何か特許品作りたいなぁ!

なんかないかなぁ!!!

スポンサーリンク



▼ツイッターの評判