トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

【モスバーガークオリティ】カンブリア宮殿 モスフードサービス社長 櫻田 厚 感想

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

独自路線で不動の人気を博すチェーン店がある。
それが業界2位で、日本生まれのハンバーガーチェーン 「モスバーガー」だ。
運営するのは、昨年創業40周年を迎えた「モスフードサービス」。
“日本人の舌に合うハンバーガー”に、徹底的にこだわり、数々のヒット商品を世に送り出してきた。
熱烈なファンを多く持つのも、モスの大きな強みだ。
外食業界が低価格競争を繰り返す中、決してその戦いのなかには入らないという戦略で生き残ってきた。
その「モスバーガー」の知っているようで知らない秘密を探る。
いやぁああああ、ちょっとモスバーガー行ってくる!!!!

番組見て食べたくなりましたねぇ!!

初めて知って驚いたのが、野菜が国産ってこと。
ちゃんとした日本の契約農家から新鮮な野菜をまるごと仕入れて、店内で切る。

スゴイですよね。
チェーン店でこれが出来るのって!

安心して食べられます♪

高くてもいいからこれからはハンバーガーはモスを食べる!!

注文を受けてから一つ一つ肉を焼くってのもいいですしねぇ。

スポンサーリンク



前に食べたとびきりハンバーグサンド 「チーズ」は超絶にうまかったし!!

モスバーガーは開業40年。

第一号店の店長 櫻田 厚さんが今社長となっています。

知らなかったのが日本生まれの店なのですねぇ。
益々応援したくなります♪

そしてモスバーガーの「MOS」の意味

MはMountain(山のように気高く堂々と)
OはOcean(海のように深く広い心で)
SはSun(太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って)

なんですってね。
これも素敵です☆

▼ツイッターの評判

モスバーガーを創った男の物語 「羅針盤の針は夢に向け」
モスバーガーを創った男の物語 「羅針盤の針は夢に向け」