読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

【極悪がんぼ 第1話 感想】金で全てが解決する世の中にポイズン(´Д`)

テレビ感想

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない

 ・ 車が2割高く売れたったww



スポンサーリンク


フリーターの神崎薫(尾野真千子)は、ファミレスの店内で怒突工事(中野英雄)に迷惑料の200万円を払えとすごまれていた。元カレの茸本和磨(三浦翔平)が、怒突のクレジットカードを偽造し金を作ったのがばれたのだ。


そこへ、金子千秋(三浦友和)と夏目大作(竹内力)が入ってくる。さらに、巻上輝男(宇梶剛士)が、矢敷聡美(夏菜)を連れて来た。聡美も巻上に200万円の借金があるという。


金子は、薫と聡美に400万円の札束を見せ、この金を怒突らに渡し誓約書を取り戻せば手が切れると説明。提案を受け入れた薫らは新たな借用書にサインし、怒突らに金を返す。新たに借りた金の返済はどうすればいいのか、と聞く薫らを、金子は真矢樫キリコ(仲里依紗)のいるスナック「まやかし」に案内。そこで、とある島で住み込みで働くコンパニオンの仕事を紹介する。いかにも怪しげな仕事をいぶかしがる薫らに金子は、これなら3ヵ月で200万円が稼げると断言。明日の出発までに答えを出せ、と言われた薫は…。

by 番組公式サイト

おもろかったwww

尾野真千子ちゃんの役どころは癖がなく正義感だけ強い非常に常識的なキャラクター。
主人公の割に薄く目立たない存在と思いがちですが、周りがクソ濃いキャラクターに囲まれることによって目立っています。

例えるならば派手なちょうちょの集団に真っ黒な地味なちょうちょがいると逆に目立ちますよね。

印象に残ったのは

「お金って怖いね」

ってこと。
僕はつい最近婚活でショックなことがあり、ヤケクソで自暴自棄になり後先考えず何十万円もはたいて液晶テレビとサラウンドスピーカー買っちゃって、貯金がガッツリなくなったってのがあって、なんだか人事に思えませんでした。

ホント人はお金がないと心細く窮屈でせっかちな人生になりますね。
やっぱお金があるに越したことないです。
持ちすぎると弊害もありますけどね(^_^;)

まーまー、お金も人も信じていいかどうかってのは真贋を見極める目が必要で、平和ボケしてると足元すくわれちゃう世の中ですね。

あえて自分に負荷をかけて経験を積む修行は必要だと思います。

あまりドラマの内容に触れられませんでしたが、また2話を見て感想書きます☆

スポンサーリンク



ツイッターの評判

マンガ通販リンク