読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

【後悔という名の航海】ドキュメント72時間「巨大フェリーの人生航路」感想

テレビ感想

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない

 ・ 車が2割高く売れたったww



スポンサーリンク


海に囲まれた日本で、時間はかかるが安く移動できるのがフェリー。中でも名古屋~仙台~北海道を結ぶ航路は年間20万の利用者を誇る。人々が新生活を始める春、船には、好景気に沸く名古屋へ引っ越す労働者や、安く手軽な国内で卒業旅行を済ませる大学生、さらに「まったりとした時間」を求めて乗り込んだ派遣社員のグループなど実にさまざまな「事情」が乗り合わせる。3日間、船上の出会いから浮かび上がる日本の今とは?

by 番組公式サイト

感動しました。

それぞれがそれぞれの希望を背負い乗り込む船

北海道ー名古屋の3日間の航海。

印象に残ったのはネットで知り合った男女3人組。
派遣社員、体を壊した休職者、何か影のある女性

3人とも人生の成功者とは見えず、言い方は悪いけど負け組。
それでもそれぞれが背の丈に合った範囲内で旅を楽しんでいた。

スポンサーリンク



休職者はこう言う


「今この空間を楽しめればいいかな、それだけ」

諦めに似た悟りを語るその表情は微笑んでいた。

誰もが成功者じゃない。
失敗、挫折、自己嫌悪、後悔のつきまとう人生。

心から純粋に笑える人なんていない。

そんな中、転んで這いつくばった地面に一輪咲いた綺麗な花を見つけた時、人は

「生きててよかった」

と思えるのでしょう。

一輪一輪、花を見つけて束にしていき、大事な人に届けた時がゴールだと想います。