読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

映画「ベイマックス」がホノボノ系じゃなく超絶アクションで驚いた話

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

2014年12月20日公開のディズニー映画「ベイマックス」(公式サイト

日本のテレビCMを見ているとかわいい風船ロボットベイマックスと少年のゆるふわホノボノ感動系を想像していました。

また、ディズニー公式のパラパラ漫画(鉄拳作)でもゆるふわ系が想像できます。

▼日本版 公式パラパラ漫画(鉄拳作)

しかし、アメリカ版予告を見たらイメージが真逆にwwww

スポンサーリンク



▼アメリカ版 予告

ベイマックスがジェット噴射でメッチャ早く飛び回って、超絶悪そうな仮面のボスがいて打倒に燃えています。

主人公の少年の仲間が5人位いて、みんなで鎧着て戦ってます・・・w

あわわ・・・
あわわわ・・

よく外国と日本映画のイメージ戦略は違うことは言われていますが、ここまで違うとはwww

面白いなぁ。

アメリカ版のベイマックスのタイトルは「big hero 6」といって原作がマーベルヒーローのコミックスなので、アクションモノなのはうなずけます。
内容は日本をあらゆる敵から守るために、日本政府と「ギリ(Giri)」社の計画によって、6人の超能力を持つ日本人が集められて結成された部隊だそうです・・・

CM戦略のあざとさと文化の違いを垣間見ましたね(笑)

【追記】

→観てきました!コチラでレビューしてます、期待通りつまらなかったwww


【悲報】映画「ベイマックス」 中途半端でお子様向け。大人は楽しめない!! - トラねこの巻