読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

【フレーズ1つで意味激変ッ!】「ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本」書評

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない

 ・ 車が2割高く売れたったww



スポンサーリンク

ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本読みますた~。

ためになりました!

主にすでにある雑誌やCMのキャッチコピーをジャンル別に分類して分析しています。

キャッチコピーには傾向があり、歴史人物の名言引用から逆説利用、俳句や同じ言葉の強調など多種多様なスキルを駆使して消費者の心にブスリと刺さるよう考えられています。

スポンサーリンク



いろんな例が載っていますがそれを考える根本的な筋を理解せねばなりませんね。

例を知り生み出すための根本を得る。
根本とは消費者側に立つことです。

美味しい牛乳

と言ってもピンときませんが

全国2%の松坂ブランド牛乳

だとピンときますよね

このピンとくるよう消費者側に立ってコピーを考えるのが重要なんです。

だって買うのは消費者なんですから。

適当に仕事して適当に売っても淘汰されますからね。
なんのために仕事するかというと結局消費者のためなんですよ。

仕事めんどくさいですけどね、自分の金のために働くんですけどね、けどそれと裏腹に仕事とは消費者のためなんです。

そこをよく理解してれば必然と良いキャッチコピーができるし売れる商品ができるんですよね。