読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

何事も過剰供給は良くない件

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない

 ・ 車が2割高く売れたったww



スポンサーリンク

ビッグコミック SPECIAL ISSUE 別冊 ゴルゴ13 NO.189 2015年 10/13 号 [雑誌]: ビッグコミック 増刊

最近「過剰供給は良くない」とよく考えます。

物事についてすべて言えることですが自分の言動についてもそうです。

 例

・ペラペラおしゃべりする人

・寡黙だけど必要な時にズバッと的確な発言をする人

どっちが信用できますか?
どうみても後者ですよね。

そうなんです、「需要と供給」が人の言動にも当てはまるのです。

 ブログの例

・薄い内容の記事を量産

・更新頻度は低いが的確な内容の役立ち記事

どっちが信用できますか?
どうみても後者ですよね。

手数多くして空振るより的確に狙ったホームランバッターが重宝されるんです。

スポンサーリンク



 需要と供給の一致が価値になる

そうなんです、人が必要とすることを差し出すことが役立ちであり価値なんです。

オアシスに住む人に水あげても喜ばれません、必要ないですから。
砂漠に住む人に水あげたら喜ばれます、必要ですから。

子供に持ってるおもちゃあげても喜ばれません、必要ないですから。
子供が興味のあるおもちゃあげたら喜ばれます、必要ですから。

充実してなんの不満もない人を助けても喜ばれません、必要ないですから。
困ってる人を助けたら喜ばれます、必要ですから。

そこなんです、必要性=価値であり、必要な人に差し出すことが価値になるんです。
そして価値の交換が経済であり、金を稼ぐということなんです。

 皆さん自己満で過剰供給してない?

・過保護な親
・採れ過ぎた野菜
・口うるさい恋人
・自分でやってしまう上司
・金に物を言わせる成金
・降りすぎる雨
・生産過多な中国
、、、etc

何事も過剰供給は価値を下げ自分の首を絞めます。
そうならないために狙って狙って、考えて考えて必要性を撃ちぬくのが成功の秘訣。
読書やネットで前例を知り、経験則で言動を調整する繰り返しが的確さを増します。

自分はダメだとタカをくくってませんか?
楽したいからと挑戦から逃げてませんか?

何も変わらない日々に流され何も変わらない自分のままだとそのまま孤独死するだけですよ。

下手な鉄砲は数打っても当たりません!
どうか皆様には物事を的確に射抜くスナイパーであって欲しいです。
挑戦という弾を込めて成功への引き金を♪