読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

真面目が果たしていいのだろうか

ノウハウ

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない

 ・ 車が2割高く売れたったww



スポンサーリンク

こちらを読んでの感想。

仰るとおりでそれが理想ですが所詮理想

コストカットして利益を得るガメツイ人間ばかりの社会でこの主張は焼け石に水、小さな遠吠えでしかありません。

真面目な人がバカを見る社会なんです。

スポンサーリンク



馬鹿正直に接したって揚げ足を取られる
それならズルく立ちまわって利を多く取るしかない。

泣き寝入りして低クオリティの仕事しても両者損するという意見はまさしくそのとおりですので無理を言われたら潔く断り自分のスキルを高めて売り手有利に持ってくのがいいかと。

まー、それも所詮理想でスキルを高める余裕と時間がないのも事実。
だからこそ利を取るために少しでもずる賢く立ちまわないと。

ずる賢くと言ってもグルグルと頭を回転させてお互いの利をうまくいく配分で提供し合う結果に誘導させるのがベスト。
ウィンウィンってやつですね。
まー、互いの利害バランスを把握して断る受ける妥協や折衷を導き出すのがいいかな~。

って、なんの営業経験もないド底辺社畜の意見なんですが、僕だったらこうするって妄想文ですので参考になるかはわかりません(^_^;)

ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)
ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫)