トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

ミニマリスト桃太郎

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

 むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

 おじいさんは店で食べ物を買わない主義で山へ山菜採りに、おばあさんは水道は使わない主義で川へ洗濯に行きました。
 おばあさんが川で洗濯をしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。

おばあさん「おや、こんな大きな桃あっても場所とるからいらんわ、ここで割って実だけ持って帰ろう」

 おばあさんは大きな桃をひろいあげて、割ると、なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。

「お~、最初から赤ん坊が出来た、産婦人科行く手間が省けたわい♪」

 おばあさんは、大喜びです。
 桃から生まれた男の子を、おじいさんとおばあさんは桃太郎と名付けました。
 桃太郎はスクスク育って、やがて強い男の子になりました。

スポンサーリンク



 そしてある日、桃太郎が言いました。
桃太郎「ぼく、鬼ヶ島(おにがしま)へ行って、わるい鬼を退治して効率的に農作業が進むようにします」
 おばあさんにきび団子を作ってもらうと、鬼ヶ島へ出かけました。

 旅の途中で、イヌに出会いました。
イヌ「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」
桃太郎「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」
イヌ「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」
桃太郎「いや、鬼ヶ島到着までの日数分しかないからあげない、一人で平気だし。」

 そして、こんどはサルに出会いました。
サル「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」
桃太郎「ちょっと散歩に(鬼ヶ島の件話すのは不効率)」
サル「そうですかさよらなら」

そしてこんどは、キジに出会いました。
キジ「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」
桃太郎「・・・・(無視して素通り)」

こうして桃太郎は、最短日数、最短距離で鬼ヶ島へやってきました。

 鬼ヶ島では、鬼たちが近くの村からぬすんだ宝物やごちそうをならべて、酒盛りの真っ最中です。

桃太郎「鬼ヶ島の井戸に鬼にだけに効く退治薬を一滴たらして、、と。」

翌朝、鬼たちは薬にやられていました。
桃太郎は鬼ヶ島の宝物をあってもしょうがないのでそのままにして帰りました。

桃太郎「うむ、最小限の労力で最小限の物を持つ、これぞ美しいミニマム精神」

帰りに桃太郎はビックカメラのマッサージ器で疲れを取ってから村に帰ったことをブログに書きました。

「宝がもったいない!」
「犬猿雉の善意を無駄にするな!」
「俺達が働いて盗られた宝の再配分を!」

ネットは大炎上です。
しかし桃太郎はどこ吹く風。

桃太郎「はてなブログ不効率だから解約しよう」

誰がなんと言おうとミニマリストを貫き通す桃太郎という効率化の鬼は誰も退治できませんね。

~おしまい~