読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

相互RSS(募集中です 詳細はこちら

【手段は問わず】世の中先読みした者勝ちよね

日記 日記-コラム ノウハウ

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない

 ・ 車が2割高く売れたったww



スポンサーリンク

最近「先読み」の重要性についてよく考えます。

 先読みって?

そのまんま言動の先に起こることの予測です。

 何の先読み?

会話、仕事、生活、全てにおけることです。

スポンサーリンク



 どんくらい先読むの?

通常1~2手先くらい。

時間だと1~5分先が多い、たまに長期で2ヶ月先くらい。

 具体例は?

▼ 会話

A「おはよう」

僕(挨拶の口調と表情が曇ってる、さては昨日家でなにか面倒があったかよく眠れてないな、このまま会話を続けても相手にとって苦痛だろう、早いところ話を切り上げよう)
↑先読み

僕「おはようございます~(相手を元気づける意味で少し明るめに挨拶)」

Aが別のことをし始める

僕(お、やはりAさんは会話もせず自分のやりたいことし始めたな。僕に注ぐ余裕がないようだ)

このように挨拶ひとつから情報を予測先読みして自分の言動を調節するとうまくいきますね。

▼ 生活

僕(今日は家にお客が来る、遠方から来て疲れてるから部屋を温めておいて座布団と暖かいお茶を用意、お湯を沸かしてポットへ)

僕(ご飯は疲れて食欲無いだろうからあっさり系でかつ温まるもの、水餃子の鍋とかどうだろう)

僕(あまり歩かせるとかわいそうだから少ない移動距離で済むように、駅で出迎えたら即家へ向かおう。)

僕(明日はよく眠れてリフレッシュしてるから少し活動的なレジャーにするか、好きな店はあそこだろうからチェック)

僕(昼飯はラーメン、いつも行ってるあの店へ)

って感じで思考時間が長く取れる場合は先読みを数珠つなぎにして言動の筋を考えておきます。

仕事もこんな感じで筋を段どっておくとかなりスムーズに達成できますね。

 先読みって疲れない?

疲れますね~、先読みにも種類があってネガティブな未来を予測してしまうとなお疲れます。
そこは懸念事項と捉え回避策や打開策を練る動機になるんですけどね。

 先読みの頻度は?

日常生活は言動の1手先でいいです。
時間で言うと1~3分後くらい。
その繰り返しですね。

でもって1日1回のペースで1週間先を考えるかなぁ。
そして1ヶ月に1回、数カ月先を考える感じ。

イメージで言うと「徒歩」です。
転ばないために足元見ながら歩きますよね、それが「1手先」
たまに見える範囲で遠くを見て目的地確認しますよね、それが「1週間先」
もっとたまにゴールを想像しますよね、それが「数カ月先」

 先読みって重要よね

うんうん、先読みは重要!!
後先考えず言動すると怒られたり痛い目みます、、ハイ、みてきましたww

先と言ってもいつもは1手先だけ考えてればいいです。
いつもずっと先のこと考えてると疲れるし足元の石につまづきますw

先読みが的確にできると商売や人間関係で勝てます。
そりゃそうですよね、未来が予測できれば無敵ですからw

先読み手段は問わないです。
読書でも裏ワザでもなんでもいいんで先を読む力を付けましょう。
それを意識して生活してればまた自然と先読み力が付いてきますしね。

まー、そういうのできないおバカな方たちが多いので生きづらいけど、言い換えれば抜きに出るチャンスです。

皆様もお試しあれ☆

以上、先読むために占いにもすがりたい出虹ですた( ̄~ ̄)ノシ