トラねこの巻

「見た・聞いた・食べた」を「楽しく・役立つ・感動」をモットーにお届けいたします♪

【人気の秘訣を探る】TOKIO サマーソニック2014感想とメンバー考察

イイねアイコン オススメ記事
 
 ・ 【神ゲー】ハースストーンが面白すぎて辞め時がわからない件

 ・ 車が2割高く売れた話



スポンサーリンク

今の10代の人はトキオがアーティストってことを知らないらしいです。

鉄腕DASHで農業やってるイメージが強くて(笑)

そんなTOKIOが先日行われたサマーソニックライブに出演してる放送をwowowでやっていたので観ました。

出演前の挨拶ではメンバーがデビュー20後年経ち、デビュー曲「ラブユーオンリー」を初めて聞く若者がいることを感慨深く語っていました。

ライブではアンビシャスジャパンとラブユーオンリーを熱唱。
汗だくになりながら一生懸命歌い演奏する姿をみると、DASH島での努力は本物なんだなと伝わってきます。

メンバー全員アラフォー世代ですが、見る人に夢を与える仕事をまっとうし、衰えるどころか味と温かさが加わり益々輝きを放っていました。

そこで僕なりのメンバー5人の考察をしてみます。

スポンサーリンク



僕なりのTOKIOメンバー考察

▼長瀬くん

メンバーで一番若く可愛がられてきた印象。
そしてビジュアル面とボーカルを背負ってきた責任が彼を強くしています。
役者としても数々の主演を努め、これからは父親役やはたまた悪役まで幅を広げていくと思われます。
まっすぐ芯の通ったダンディイケメン。
髭がまたカッコイイ!

▼城島リーダー

柔和な姿勢が好印象。
メンバーの息抜き的役割。
ビジュアルも機転を効かせることもないけれど、ないからこそ謙虚でいられる姿勢がリーダーと慕われている要因。
つまらないダジャレは周りを楽しませたい思いが強いから。(空回りしてるけどw)
争いを嫌い皆仲良くありたいと理想を抱いています。

▼松岡くん

威勢の良い兄ちゃん。
40歳近くなってもそれを貫いているのはすごい。
といってもそれが当たり前、素で出来ているからまたすごい。
他者に強く出てしまう不器用な面があるけど、そういう意味で若く子供なところがかわいくもある。
これからもカッコよくてチャキチャキな兄ちゃんであってほしい。

▼国分くん

メンバー内の調整役。
器用に立ち回り、周りの意見を飲んでうまい落としどころを探せる人。
一番人の気持ちがわかるんじゃないかな。
わかるからこそ強く言えないが、わかるからこそ傷つけない言い方ができる。
そんな繊細な立ち回りが朝の帯番組を任せられる要因でもある。

▼山口くん

一見温和だが、松岡くんより熱い想いを持ってる。
DASH島で井戸を黙々と一人で作る姿に胸打たれました。
日焼けで肌を真っ黒にしながらも仕事をする姿がDASH島人気を支えています。
熱く優しくひょうきん。
言うことなし!
僕が女性なら山口くんに惚れてます(笑)

まとめ

鉄腕DASHが毎週20%の視聴率を集めるのは、メンバー全員が仲良く一つのことに打ち込む姿に視聴者が感動するからです。
感動は本物でないとできません。
本物で一生懸命仕事をしているから支持されるのです。

ここまで仲良く20年も続くグループは貴重ですよね。
それは城島リーダーの柔らかさ、国分くんの調整、長瀬くんのお兄ちゃんたちを慕うメンバー愛、松岡くんの真っ直さ、山口君の縁の下を支えるひたむきさが融合してTOKIOを作っているからこそです。

これからも素敵な歌と日曜夜の楽しみを提供していっていただきたいです。

DASH村開拓記―自分たちの村をつくって日本地図にのせよう!! (東京ニュースMOOK)
DASH村開拓記―自分たちの村をつくって日本地図にのせよう!! (東京ニュースMOOK)